• |

ソロ活動とは一味違う、大人数によるバンドスタイルで既存曲のアレンジを披露したプロジェクト「蓮沼執太フィル」を終えた蓮沼執太。次なる展開の構想について「とにかく新しいことをやりたい」と語った彼が辿り着いた『蓮沼執太のプラクティス』ではどんな風景が見えたのだろうか。

text_lute編集部

「これ、やらないとだめじゃね? ってなったんですよ」

日本各地の在住アーティストと新曲を作ってライブで披露するプロジェクト 蓮沼執太「プラクティス」の旅。Episode2では愛知県長久手市を拠点に活動するガット・ギターと歌によるユニット「Ett」との新たなる楽曲の共作・共演をドキュメントで追いかけた。

農業の合間に音楽制作をしているという自然派アーティストのEttは、ナイロンギターと女性ボーカルのデュオ。決まったコード進行や独特のハーモニーを持つ、ある意味制約ともいえるナイロンギターの特性をふまえてのメロディ制作は苦しみを楽しむ作業だと蓮沼執太は語る。そして、公演直前のセッションで仕上がったという新曲は、音楽フェス「森、道、市、場2016」での公演で結実した。

愛知公演ではEttの他にも、福岡公演でゲストとして迎えたウクレレ弾き語り奏者 とんちピクルスとの再共演も果たした蓮沼。とんちピクルスと共作した新曲は、お互いのジャンルという壁を超え、いい意味で予想を裏切った仕上がりに思わず「これ、やらないとだめじゃね?」とエモーショナルに突き動かされたほどの楽曲に昇華。Ett、とんちピクルスとのやさしくもアツい公演を本映像で是非見てみてほしい。

撮影:後藤武浩 河合宏樹 森重太陽
監督・編集:いしいこうた
AD:いすたえこ
制作:たなかともみ
ツアー制作:清宮陵一
プロデューサー:五十嵐弘彦

luteをフォローして
最新情報をチェック!

Latest