• |

1917年に上演された伝説的バレエ「Parade」。パブロ・ピカソやジャン・コクトーらが手がけたこの公演を、渋谷慶一郎たちがリメイクした『Parade for The End of The World』を余すところなく紹介する。

text_lute編集部

世界の終焉に向かうパレード

2016年5月27日、28日にパリのMaison de la Culture du Japon à Paris(日本文化会館)で上演されたワーク・イン・プログレスの『Parade for The End of The World』。本作の音楽を担当したのは、ボーカロイド・オペラ「THE END」で世界的に脚光を浴びた渋谷慶一郎。ダンスと振り付けはパリ・オペラ座のスターダンサーであるジェレミー・ベランガール、そして映像、ビジュアルはヴィデオアーティストのジュスティーヌ・エマが手がけている。

『Parade for The End of The World』Performance

『Parade for The End of The World』は、1917年にパリ・シャトレ座にて上演された約15分ほどの伝説的バレエ「Parade」のリメイク。「Parade」は、音楽をエリック・サティ、美術をパブロ・ピカソ、脚本をジャン・コクトーが担当するという画期的なコラボレーションでもあった。時代はシュールレアリズムの真っ只中。それから100年を迎えるにあたり、「世界の終焉に向かうパレード」をテーマとしてリメイクされた。

「lute」では、本作の制作風景や3人のインタビューを交えたドキュメンタリーも公開している。

「Parade for The End of The World」 Full version

『Parade for The End of The World』の制作風景をとらえているほか、企画の概要やコンセプト、どのように伝説の舞台「Parade」を解釈し、思考し、どうアプローチしたのかといった内面への問いかけにも、3人の演者は答えている。

また、ジャック・デリダやマルグリット・デュラスとの交流もあり、1993年のアヴィニョン演劇祭で「Parade」再演の舞台美術を担当したパリ在住の日本人アーティスト・黒田アキのスペシャルインタビューも収録。来場者の感想も交えながら、『Parade for The End of The World』の魅力を紹介していく。

luteをフォローして
最新情報をチェック!

Latest