• |

長尾謙一郎、坂本渉太ら個性派クリエイター4組が参戦!「ル〜テまんがまつり」開催!

春から始動するアニメプロジェクト「ル〜テまんがまつり」の本編公開に先駆け、長尾謙一郎、坂本渉太、AC部、よシまるシンの制作中の新作アニメをはじめとする展覧会をトーキョー カルチャート by ビームスで開催!会期中にはPAELLAS、スカートのライブも開催。

luteで2017年春より始動予定のアニメプロジェクト「ル〜テまんがまつり」。本企画でアニメ作品を製作するのは、チームしゃちほこのMV「天才バカボン」などを手がけた映像作家・坂本渉太、group_inouのMVやCM製作と幅広く活動するデザインユニット・AC部、近年はテンテンコのアートディレクターも務める漫画家・長尾謙一郎、「謎の図」でインターネット界を席巻したイラストレーター・よシまるシンという個性的な4組のクリエイター。またアートディレクションは、tofubeatsのMVなどで知られるデザイナー“スケブリ”が担当。

今回、そんなアニメプロジェクトが本編公開前からリアルへ進出! 2017年2月10日(金)〜2月28日(火)の会期でトーキョー カルチャート by ビームスにて開催される展覧会には、各作家のポートレートやインタビュー映像と共に、制作中の作品が展示され、それぞれの作品をフィーチャーしたオリジナルグッズも展開する。

2月18日・19日にはPAELLAS、スカートによるライブも開催。各日50名限定のライブとなり、こちらも展示会と併せてぜひ足を運んで欲しい。

※チケットの価格に誤りがございました。訂正してお詫び申し上げます。
【正】前売/当日:2000円/2300円
引き続きチケット予約を受付中です。皆さまのご来場をお待ちしております。

ル〜テまんがまつり (入場無料)

開催期間:2017年2月10日(金)~2月28日(火)
※最終日は18:00まで
※2月16日(木)、22日(水)、23日(木)は店休日となります。

Reception Party
2月10日(金)17:00〜20:00

開催場所:トーキョー カルチャート by ビームス
東京都渋谷区神宮前3-24-7-3F
http://www.beams.co.jp/tokyocultuart/

参加クリエイター
AC部、坂本渉太、長尾謙一郎、よシまるシン

LIVE
2月18日(土)
出演:PAELLAS
開場:17:00 / 開演:17:30
チケット 前売:2000円 / 当日:2300円
※ライブの模様をYouTubeライブにて生配信します!ご視聴はこちらのURLから
https://youtu.be/iw5LxT1JsEk

2月19日(日)
出演:スカート
開場:17:30 / 開演:18:00
チケット 前売:2000円 / 当日:2300円

【前売りチケットご予約方法】
メールタイトルを「2/18PAELLASライブ予約」または「2/19スカートライブ予約」とし、本文に
・お名前(カタカナ・フルネーム)
・予約枚数
・電話番号
を明記の上、ca@beams.jp までメールをお送りください。折り返し整理番号をお送りいたします。
当日は整理番号順の入場となります。

 TOKYO CULTUART by BEAMS

2008年、”東京”から生み出されるアート、デザイン、カルチャーを世界に発信していくプロジェクトとしてスタート。”CULT(熱狂)” “CULTURE(文化)” “ART(芸術)”を組み合わせたネーミングのTOKYO CULTUARTでは、アート作品やデザインプロダクツ、関連書籍は勿論のこと、コレクター心をくすぐるフィギュアやソフビなどの限定トイも展開。混沌とした東京らしさを通じて、現代の日本文化を発信します。
http://www.beams.co.jp/tokyocultuart/

 

Profile

AC部

1999年に多摩美術大学のクラスメイトで結成されたCGアニメーション制作チーム。在学中に制作した「ユーロボーイズ」がNHK「デジタルスタジアム」にて2000年の年間グランプリを受賞したのをきっかけに一躍有名に。「高速紙芝居」で第18回(2014年)文化庁メディア芸術祭エンターテインメント部門審査委員会推薦作品受賞。代表的な仕事として、「マジカルDEATH」(ザマギ)のMV、「SmaSTATION」のスマアニメ、「チョナン・カン」のタイトル映像、NHK「みんなのうた」など。

坂本渉太

1981年生まれ。同志社大学商学部卒業後、フリーランスとしてMV・アニメーションを中心にイラスト、漫画、音楽制作など多岐にわたって活動中。 SPACE SHOWER MUSIC VIDEO AWARDS 2010 オルタネイティブ部門ノミネート、ロサンゼルス映画祭ミュージックビデオ部門正式招待など、国内外問わず作品を発表している。

長尾謙一郎

1972年愛知県生まれ。

CDジャケットデザイン、漫画、ミュージックビデオなどの映像製作、文筆、音楽、パフォーマンスなど多岐にわたる。代表作『おしゃれ手帖』『ギャラクシー銀座』『PUNK』『クリームソーダシティ』など。2016年1月にはアルバムのアートディレクションをしたテンテンコとのスタジオライブ映像をluteで公開。

lute Studio Live : テンテンコ × 長尾謙一郎 - https://youtu.be/BGe_0ErMIlQ

lute対談企画 : 長尾謙一郎×テンテンコ - http://lutemedia.com/post/nagao_tentenko

よシまるシン

1972年生まれ。2001年よりデザイン・イラストレーション・映像などを手掛け、2010年までは「ヨシマルシン」として、2011年からは「よシまるシン」と表記を変え活動。文化庁メディア芸術祭国内巡回事業「文化庁メディア芸術祭ネットワークス」ポスター、珍しいキノコ舞踊団『ホントの時間』宣伝美術(2011年)、DMM.makeウェブ企画「猫相関図」(2014年)、映画『バクマン。』エンドロールコミックデザイン(2015年)、日清のどん兵衛特設ウェブサイト「どんばれンタイン相関図」(2016年)、など多様なコマーシャルワークを通して、積極的に作品を発表している。

PAELLAS

東京を拠点に活動する5人組。

あらゆるジャンルの要素を独自のセンスで解釈し生み出すサウンドは、セクシュアルかつロマンチック。

都会に漂うメランコリックな情景やその儚さを想起させるライブパフォーマンスも支持され、あらゆるシーンや時代を超えた存在になる可能性を秘めている。

これまでにUnited ArrowsやPeach John、新宿のセレクトショップJackpotのCM等に楽曲を提供し、ファッション業界やニッチな音楽層からも注目を集め続けている。

スカート

どこか影を持ちながらも清涼感のあるソングライティングとバンドアンサンブルで職業・性別・年齢を問わず評判を集めるポップバンド。強度のあるポップスを提示しながらも観客を強く惹き付けるエモーショナルなライヴ・パフォーマンスが話題を呼んでいる。2006年、澤部渡のソロプロジェクトとして多重録音によるレコーディングを中心に活動を開始。2010年、自身のレーベル、カチュカサウンズを立ち上げ、ファーストアルバムをリリースした事により活動を本格化。さまざまな形態でライヴを行ってきたが、現在は佐久間裕太(ex.昆虫キッズ/ドラムズ)、清水瑶志郎(マンタ・レイ・バレエ/ベース)、佐藤優介(カメラ=万年筆/キーボード)、シマダボーイ(NATURE DANGER GANG、フジロッ久(仮)/パーカッション)をサポートメンバーとして迎え活動している。発表作品に『エス・オー・エス』(2010年)、『ストーリー』(2011年)、『ひみつ』(2013年)、『サイダーの庭』(2014年)がある。最新作は12インチシングル『シリウス』(カクバリズム/2014年)らカクバリズムでの初のリリースとなり、続く最新作『CALL』(2016年)が全国各地で大絶賛を浴び、晴れて初のシングル『静かな夜がいい』(CD+DVD)を11月23日(水)にリリースする。スピッツや鈴木慶一氏など諸先輩からも賞賛され、名作を連発しているオルタナティヴなアーティスト/バンドである。

luteをフォローして
最新情報をチェック!

Latest