• |

クレイアニメの鬼才ブルース・ビックフォードを愛する豪華ミュージシャンが、彼の作品と音楽でチャネリングしたライブの模様を追ったドキュメンタリー

text_lute編集部

フランク・ザッパに愛された、浮世離れした天才の姿

アニメーション・フェスティバル「GEORAMA2016」の呼びかけに応じて、ついに来日したクレイアニメーションの巨匠ブルース・ビックフォード。こちらで紹介したとおり、1970〜80年代にロックの鬼才フランク・ザッパから愛され、『Baby Snakes』や『The Dub Room Special』といったMVを制作した伝説的クレイ・アニメーターだ。

そんなビッグフォードの作品と音楽が夢の競演を果たす特別企画『Channeling with Mr.Bickford』。現代芸術家・宇川直宏のキュレーションによるこの企画は、Shibuya WWWと恵比寿 LIQUIDROOMで二夜にわたって開催され、ビックフォードの傑作『プロメテウスの庭』の爆音上映のほか、ビックフォードを愛する豪華ミュージシャンが彼の作品と音楽でチャネリングしたライブを披露していた。

2016年2月4日のShibuya WWWに続いて、このビデオでは2月9日に行われた恵比寿 LIQUIDROOMでの様子をダイジェストでお届けする。

ライブでは、ブルース・ビックフォード本人をはじめ、宇川直宏(DOMMUNE)、トクマルシューゴ×上水樽力 チェンバーミニオーケストラ、EYE、坂本慎太郎+菅沼雄太+ AYA(OOIOO) 、smallBIGs(小山田圭吾+大野由美子)+中原昌也といった豪華ミュージシャンが集結。ビックフォードの過去作品や未公開作品からインスピレーションを受けて作られたサウンドを映像に合わせてプレイ。

トクマルシューゴは、ビッグフォードと実際に対面した時の印象を「浮世離れしたというか、予想以上の、想像を超える人でした」と語っている。それはこの映像を見れば、十二分に伝わってくるだろう。

孤高の天才ブルース・ビックフォードとチャネリングした貴重な夜の記録をぜひその目に焼き付けてほしい。

企画・プロデュース:谷川千央(FOGHORN – GEORAMA2016)

ディレクター・エディター:河合宏樹
撮影:河合宏樹
粟屋武志
梶山紘二
桜井秀明
河原啓太 森重太陽

音響 :遠藤幸仁/呉碩根/田中洋一 for LSD Engineering co.,ltd.
録音:澤田悠介

出演:
Bruce Bickford
宇川直宏(DOMMUNE)
トクマルシューゴx上水樽力 チェンバーミニオーケストラ
上水樽力:指揮
岡谷恵光:ヴァイオリン
柘植藍子:ヴィオラ
杉本友輝:コントラバス
山本葵:フルート
佐竹真登:オーボエ
福島広之:クラリネット
浦田拳一:ファゴット
EYE
プログラミング澤井妙治
ボーカルオペレーション増子シンジ
楽器製作 堀尾カンタ
坂本慎太郎+菅沼雄太+ AYA(OOIOO)
smallBIGs(小山田圭吾+大野由美子)+中原昌也

協力:SMASH/LIQUIDROOM/P-VINE/zelone records/スリー・ディー(株)/DOMMUNE/Aaron Guadamuz/土居伸彰(NEW DEER – GEORAMA2016)

luteをフォローして
最新情報をチェック!

Latest