• |

1 film 15 questions|Maika Loubté with Konica TOMATO

今の時代をつくるミュージシャンを、時代に取り残された様々なコンパクトフィルムカメラで記録していく連載「1 film 15 questions」。東伏見の写真店「西村カメラ」のサポートのもと、使うカメラはアーティストによって変え、そこで生まれる「何か」を探っていく。アーティストには毎回決まった15問の質問を投げかけ、その答えをランダムに掲載。この連載ではアーティストをジャッジすることも、エモーショナルに語ることもせず、ただ「今」その瞬間を記録する。

初回はシンガーソングライター、トラックメイカーのマイカ・ルブテと、1985年に発売された「コニカ トマト」。

photo_Natsuki Kuroda / edit_Mayu Sakazaki

1.出身地と、その場所の好きなところを教えて。

色んなところに住んでたから、出身地ってどこになるんだろう。生まれて4ヶ月くらいでパリに行ってたから、パリでいいかな。好きな場所は、住んでいたアパートのすぐそばにあった移動式のメリーゴーラウンド。なんか、馬だけじゃなくて変な車の形したやつとか色々あったり、チケットが蛍光カラーのプラスチックだったり。そこがすごく好きだった。

住んでいるときはけっこう嫌だったりもするんだけど、離れてから気づいたのは、パリの色味が好きってこと。町のいたるところにある公共物だったり建物の色味が日本とは違って、なんていうか、深い色。原色なんだけど、ヴィヴィッドっていうか、なんともいえない濃い色が多い。それが好きだなって大人になってから気づいた。

2.頻繁に思い出し、考えてしまうことはある?

常に考えているのは、曲のこと。ずっと曲のことを考えてて、それは色んな曲だけど。メロディとか、音全体で思い出したりして、あの部分いいなあ、とか。誰でもあることだと思うけど……。意味なく、音が出てくる感じ。そのメロディを意味なく鍵盤にしたり。

曲を作るときは2パターンくらいあって、一個は浮かんでくるとき。もう1個は楽器弾きながら手が勝手に動くとき。それとそれを組み合わせてひとつの曲にしたりする。人によって違うと思うけど、いつも音のことばっかり考えてる。

3.子供の頃、得意だったカード・ゲームは?

トランプのスピードが得意だった。もうやりかた忘れちゃったけど、すごく好きで、母親をよく負かせてた(笑)。弟は歳が離れてるから勝負にならないんだけど、お母さんはうまかったなあ。

4.生まれ変われるとしたら。

生まれ変われるとしたら……ミシュランの調査員かな(笑)。次の職業はそれがいい。もちろん音楽をやりたいし、生まれ変わっても自分でいたいぐらい今楽しいけど、それじゃつまんないよね。セカンドライフとしては、ミシュランに興味ある! 食べることが好きだから。

余談:たまたま同じカメラを数日前に買ったばかりで、すごくびっくりした! 運命?

5.今日の朝食はなに?

朝ごはん? 食べてない。今日は朝昼兼用でモスバーガー。朝起きたら喉が痛かったから、耳鼻科に行こうと思って、10時半くらいに耳鼻科に行ったら祝日でやってなくて(笑)。そのままモスバーガーに行きました。フィッシュバーガーとサラダを食べて、ホットコーヒーを飲んだ。いつもの朝食は、バナナ一本とか、リンゴひとかけとかが多いかな。

6.一日でいちばん絶望的な気分になる瞬間はいつ?

前は起きてすぐの11時ごろだったんだけど、今は生活リズムが変わって朝9時には起きるようになったから、絶望的な瞬間は逆に夕方17時。もう17時だよ~っていう(笑)。まだ明るいのに17時だ、何もやってないのに……って。18時までいくと諦めがつくから、やっぱ17時だなあ。

7.読みかけの本のタイトルは?

よしもとばななの、『デッドエンドの思い出』。物語に対する眼差しっていうか、すごく自然体で。なんか、心が洗われる。

8.オールタイム・ベスト・ムービーといえば?

『ゴーストワールド』。初めて観たのは高校2年生のとき。理由は、なんだろう。あの二人のスタンスが自分に共通するものがあるっていうか、私が影響を受けたのかもしれないけど。なんていうんだろう、あれは。学生のとき、クラスの体育祭とかでうぇーいっていう人たちと、全然そうじゃない自分っていうのがいて、でも別にこれでいいんだって。

とにかく観てると“自分はこのままでいい”っていうような安心感があって。他にいい映画はいっぱいあるし、地味な映画だけど、すごく影響を受けたと思う。音楽の聴き方とかも。流行のものじゃなくて自分が本当にいいって思ったものとか、好きって感じたものを信じるとか、そういう感覚。

9.好きなアイスクリーム・フレーバーはなに?

ピスタチオ。味が好きだから。

10.音楽はなんのために必要だと思うか。

誰にとって? みんな? 自分? なんのためだろう。時間をあっという間に過ごすためかな。退屈しないため、っていうことにもなるのかもしれないけど、自分にとっては。退屈していると時間が長く感じるし、それはすごく苦痛だから、なるべくあっという間に過ぎる状態が好き。

11.自分に足りないと思うことは。

足りないと思うことは、フランス語の語彙力。普通に会話はできるけど、自分の伝えたいことを100%伝えられない。聞いててわからないときは説明してもらえるけど、自分のことを説明するときに言葉が足りないって感じる。やればなんとかなるけど、常にそういう環境に身を置かないとなかなか難しくて、ハーフだからいつもそういうことに焦らされる。

12.今気に入っているお菓子は?

あのね、ビスコフっていうお菓子の、チョコレートがついてるやつ。よくコーヒーについてくるキャラメルビスケットみたいなやつに、チョコレートが塗ってあるのがあって。たまたまKALDIに売ってて、これが欲しかったんだよ!って思った(笑)。

13.人に言えない秘密はある?

あります。

14.死が怖いと思うことはあるか。

自分がそう思うことはない。でも、誰かが死ぬことが怖い。本当に、ひたすら怖い。近しい人が死ぬことが。失うってことを思うと、いつも身の毛がよだつ。人がいなくなることが怖い。

自分が死ぬのは、痛いかなあとか、バーン!とかゴッ!みたいな感じかなとか、そういうのは考えるけど。自分が死ぬっていうのはしょうがないことだから。死んだあとは手ぶらだし、何もわからないけど。近しい人が死ぬってことは、辛いがずっと続くことだから、それはすごく怖い。

15.もう会えなくなってしまったあの人に、もう一度会えたとしたら。

もう会えなくなった人、いるかな? 難しい。全く去る者を追わないタイプだから、言葉が思いつかない。興味がわかないから、言いたいことがない。達者でな、くらいしか(笑)。会わないっていうことは、それぞれ別の生活でやっているということだから、そこに私が何か言いたいと思うことはないかなあ。そこにいる人と、周りにいる人で人生は成り立ってるから、そこに思い入れはないかも。

もちろん母親とかを失ったら別だと思うから、そういう意味では自分は幸せなんだと思う。だからこそ、誰かを失うのがすごく怖いのかも。まだ経験してないから、いつかその試練が来たときに、どうやって乗り越えようかって考えたりする。

余談:自分の顔なのに、新鮮だった! 今まで誰もこんな表情とらえた人いなかったから。

Konica TOMATO

「まだ会ったことのないマイカちゃんのことを考えながら西村カメラさんにいくつか候補を出してもらったなかで、真っ赤なボディにレンズバリア式(スライドさせてレンズを出す)の見た目がすごく可愛くて、絶対にこれ! と即決したカメラ。1985年にKonicaから発売されたTOMATOは、レンズは35mm、ピント(1.5m~∞)とシャッター速度(1/125秒)は固定、フラッシュは内蔵されています。絞りはレンズの下についている感度調整レバーをずらすことで5段階に変更できますが、私はいじらなかったため、フラッシュOFFのときはF16、フラッシュONのときはF8となっています。さすがにライブのときは充分な写りではないけど、晴れた日などはプラスチックレンズの可愛い感じになりました(撮影:黑田菜月)」

コンパクトカメラ部

西村カメラ 写真工房+で行っているコンパクトフィルムカメラのレンタル企画とそのコミュニティ。コンパクトフィルムカメラのレンタル代・カラーネガフィルム代・現像代・データ作成代を、まとめて1000円で楽しむことができる。基本料金は8日間で1セット1000円(税込)。カメラは撮影用途や気分で選べるので、西村さんに相談するのがおすすめ。今回の撮影で使った「Konica TOMATO」もレンタル可能。http://24came.com/blog/

 

Profile

Maika Loubté(まいか・るぶて)

日仏ハーフのシンガーソングライター、トラックメイカー。14歳で作詞作曲、自宅でのレコーディングを始め、14年にデビュー。16年夏にリリースしたフォトブック付きアルバム『Le Zip』が話題になり、国内外のフェスや音楽イベントに出演。最新作は今年3月にリリースしたメイキングブック付きのカセットテープEP『SKYDIVER』。また、音楽だけでなく写真や映像などのヴィジュアルイメージの追求、ファッションモデルやナレーションでの起用など、さまざまな表現で活躍するアーティスト。見た目のキャッチーさとは裏腹に本人はいたってシャイ、そして写真に表れているように、等身大で誠実な人。https://www.maikaloubte.com

luteをフォローして
最新情報をチェック!

Latest